お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
言語選択 :

周辺スポット

コレクション 6747
小集落の風景
小集落の風景-海角七号(かいかくななごう)
小集落の風景-漁船
海岸の地質奇観
恒春出火
前へ
次へ

恒春はその昔、「瑯虔」あるいは「琅虔」と呼ばれていました。しかし、清朝以後は年中春のような過ごしやすい気候であることから「恒春」と呼ばれています。恒春古城は恒春鎮の中央に位置し、保存状態が良好な古城です。国家二級古蹟に指定されています。恆春の四つの城楼を散策してみましょう。西門を起点にしてそれぞれを回っていくのがよいでしょう。

猴洞山:

西門の近くに位置し、その昔、恒春城が存在した場所です。山頂に立つと、建城の際に、いかに風水を重視していたかがよく分かります。ここには元々高さ 20 メートルのサンゴ岩石があり、サルの住処となっていたため、この名が付けられました。現在は人々が憩う公園となっています。

広寧宮:

西門付近に位置し、廟内には主神「三山国王」と城隍廟から移ってきた城隍神が祀られています。清朝光緒元年に建てられ、恒春城と同じ年に開かれました。廟の後方はサンゴ礁の岩盤になっており、右手に「威震台揚」という四つの文字が彫られています。その傍には「恒春八景」の詩句が彫られ、恒春一帯の景勝地を紹介しています。

さらに多くのユニークな話題

東港グルメの楽しみ
おすすめコース 東港グルメの楽しみ
東港グルメの楽しみ
恒春・ロマン溢れる古城めぐり
おすすめコース 恒春・ロマン溢れる古城めぐり
恒春・ロマン溢れる古城めぐり
国境の南、ロケ地めぐり
おすすめコース 国境の南、ロケ地めぐり
国境の南、ロケ地めぐり
大鵬灣無障礙自由行建議行程
おすすめコース 大鵬灣無障礙自由行建議行程
大鵬灣無障礙自由行建議行程
シルバー族のための大鵬湾日帰りツアー
おすすめコース シルバー族のための大鵬湾日帰りツアー
シルバー族のための大鵬湾日帰りツアー
サイクリングで入江を一周、ロハスの楽しみ
おすすめコース サイクリングで入江を一周、ロハスの楽しみ
サイクリングで入江を一周、ロハスの楽しみ
恒春半島生態ツアー
おすすめコース 恒春半島生態ツアー
恒春半島生態ツアー
小琉球バリアフリー観光 ミニトリップ路線
おすすめコース 小琉球バリアフリー観光 ミニトリップ路線
小琉球バリアフリー観光 ミニトリップ路線
大鵬湾、小琉球、一泊二日のバリアフリー旅行
おすすめコース 大鵬湾、小琉球、一泊二日のバリアフリー旅行
大鵬湾、小琉球、一泊二日のバリアフリー旅行
サイト訪問者数:6,747 最終更新日時: 2019-09-16
:::
恆春その他景観スポット
おすすめ指数 511 おすすめ
最近の閲覧
リストに戻る
0 トップへ戻る