お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
会員ログイン:
会員としてログインする場合は、 会員ログインページから行なってください。

言語選択 :
シェア:
メニューを開く メインコンテンツへ移動

動画ギャラリー

  • 眸眸視界

    眸眸視界

    アオウミガメを主人公に製作した3Dフィルムです。アオウミガメが水中の中をのんびり泳ぐ視点から描かれています。3Dカメラが前に向かって探索するという視覚効果があり、景色やモノ、観覧者が互いに関係し、新しい視覚体験ができます。同時に、小琉球の海底生態について学ぶことができます。 紹介
  • 2018 大鵬湾国家風景区

    2018 大鵬湾国家風景区

    大鵬湾国家風景区は台湾の西南部海岸、屏東県東港鎮と林邊郷の境界に位置します。台湾海峡を望み、風景区の管理範囲は大鵬湾海岸ラグーン地区と琉球風景特定区を含みます。大鵬湾域は台湾で唯一の出入口が一つの袋型をした、いわゆる「ラグーン」です。水域は広く、静かで、視野も良好です。  紹介
  • 小琉球で撮影されたマイクロフィルム《等帰人》

    小琉球で撮影されたマイクロフィルム《等帰人》

    大鵬湾国家風景区管理処では、小琉球の物語をテーマにマイクロフィルム「等帰人」を製作し、環境保護を推進しています。主人公たちの日常生活を通して、行楽客の皆様に海洋保護の概念を伝えます。主人公が語りかける内容に必ずや感動を覚えるはずです。  紹介
  • 桃園MRT空港線旅客搭乘(日文版)

    桃園MRT空港線旅客搭乘(日文版)

     桃園MRT空港線旅客搭乘(日文版) 紹介
  • マイクロフィルムを-「悩みなき小島」

    マイクロフィルムを-「悩みなき小島」

    小琉球は温暖な海水、美しい風景、純朴な風土を有しますが、プラスチックの大量使用により海中のゴミが増加し、海亀たちは厳しい生存の危機に直面しています。

    マイクロフィルムを通してエコな旅のスタイルを広め、小琉球が悩みのない小島になることを願っています。 
    紹介
  • 跨海大橋の開橋

    跨海大橋の開橋

    鵬湾跨海大橋の開橋時間:
    夏季(3月~9月):毎週土、国定休日は17:00
    冬季(10月~2月):毎週土、国定休日は16:30 
    紹介
  • 大鵬湾ビジターセンター

    大鵬湾ビジターセンター

    大鵬湾観光に関する情報を展示解説、また、旅行に関するお問い合わせ、ご相談などを承ります。
    電話:886-8-8338100
    サービス時間:09:00--18:00
    住所:928 屏東県東港鎮大鵬里大潭路169号 
    紹介
  • 2016年大鵬湾ヨット関連イベント

    2016年大鵬湾ヨット関連イベント

    「大鵬湾ヨット関連イベント」は毎年4月に開催。主な内容はヨットイベントの推進、および帆船、カヌー、水上バイク、スタンドアップパドル・サーフィン、創意溢れるエコ船舶の五大大会などが含まれます。関連商品や地方の特産品の展示販売なども行なわれ、各種水上体験ができます。  紹介
  • 映霞橋亭

    映霞橋亭

    遠くから橋亭を眺めると、まるで一艘の船が青い空と緑の林に囲まれた水岸を進んでいるかのように見えます。行楽客の皆様はここでしばらく足を止めてみましょう。何の争いもない自由と優雅な静けさを感じることができるはずです。橋亭の屋根からは光のしずくが零れ落ち、そよ風が通り抜けていきます。大自然とともに呼吸し、大地とともに脈動し、渡り鳥とともに大空へ駆け上がりましょう。自然生態の旅を満喫してください。  紹介
トップへ戻る お気に入りへ 0 検索結果一覧の表示・非表示