お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
言語選択 :

鵬村湿地公園

コレクション 1507
前へ
次へ

鵬村湿地公園は屏東東港鎮と林邊郷の境に位置し、かつては軍事キャンプ地でした。ありのままの静かな自然景観が残っています。

水上裝置芸術-造物手

「造物手」は屏東地区にかつて暮らしていた原住民族の人たちからインスピレーションを得ています。マカタオ族は母系社会で、「大地が育んだ母」という創作された伝説によってデザインされています。「造物手」のオブジェは水中にいる巨人であり、両手で万物を作っているところです。左手には水の中から成長した茎や芽があり、万物を象徴しています。身体の前後両面はデザインが異なり、一方は大地を俯瞰し、一方は天を仰いでいます。身体には「万物を育む扉」があり、すべての万物はここから生れ出てきます。右手は門から飛び跳ねて出てきた腕白な生き物「人類」で、これは始まりの物語の主人公となっています。

ビジュアル的な雰囲気と創作された情景を融合させるため、精緻で艶を帯びたモルタルをメイン材料とし、レリーフと彫刻を通して手のぬくもりを表現しています。湖の光と影の中で素朴なビジュアルを作り出しています。湿地の水や緑、青い空と融合し、観る者に心理的なリラックスを与えているのと同時に、作品を通してこの土地の記憶を呼び覚まし、この土地の物語の歌を奏でています。心理的な癒しと静けさを享受したい方はぜひ鵬村湿地公園を訪れ、造物手を眺めてみましょう。

関連情報

開放時間: 05:00-20:00

电话番号:+886-8-8338100

さらに多くのユニークな話題

東港グルメの楽しみ
おすすめコース 東港グルメの楽しみ
東港グルメの楽しみ
大鵬灣無障礙自由行建議行程
おすすめコース 大鵬灣無障礙自由行建議行程
大鵬灣無障礙自由行建議行程
シルバー族のための大鵬湾日帰りツアー
おすすめコース シルバー族のための大鵬湾日帰りツアー
シルバー族のための大鵬湾日帰りツアー
サイクリングで入江を一周、ロハスの楽しみ
おすすめコース サイクリングで入江を一周、ロハスの楽しみ
サイクリングで入江を一周、ロハスの楽しみ
恒春半島生態ツアー
おすすめコース 恒春半島生態ツアー
恒春半島生態ツアー
小琉球バリアフリー観光 ミニトリップ路線
おすすめコース 小琉球バリアフリー観光 ミニトリップ路線
小琉球バリアフリー観光 ミニトリップ路線
大鵬湾、小琉球、一泊二日のバリアフリー旅行
おすすめコース 大鵬湾、小琉球、一泊二日のバリアフリー旅行
大鵬湾、小琉球、一泊二日のバリアフリー旅行
サイト訪問者数:1,507 最終更新日時: 2021-07-06
リストに戻る
0 トップへ戻る