お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
言語選択 :

大鵬湾

絞り込み検索

開閉

条件で検索

大鵬湾
大鵬湾風景区は陸、海、空という3つの空間を活用し、軽飛行機クラブなどのレジャー施設があります。将来的にはアジア近隣地域における国際級シーサイド・リゾートへと変貌していきます。地図
閉める

大鵬湾

 

地圖

 

音声ガイド
 

大鵬湾

大鵬湾国家風景区は台湾の西南部海岸、屏東県東港鎮と林邊郷の境界に位置します。台湾海峡を望み、風景区の管理範囲は大鵬湾海岸ラグーン地区と琉球風景特定区を含みます。大鵬湾域は台湾で唯一の出入口が一つの袋型をした、いわゆる「ラグーン」です。水域は広く、静かで、視野も良好です。熱帯型気候に属しているので、水上レジャーに向いています。また、豊富な生態資源を有し、交通部観光局はレジャー娯楽と生態教育を兼ね備えた景勝地として積極的に観光開発しています。ここは最も可能性を秘めた風景区として期待されているエリアです。大鵬湾国家風景区は政府と民間の努力の下、世界水準のマルチ水上レジャー・リゾートを目指して邁進しています。将来的には、国際水準の大型観光旅館、テーマパーク、遊覧船、ゴルフ場、マングローブ生態保護区などを建設する予定です。 ここは台湾西南部沿海上で唯一のラグーンです。湾内の水域は東西に長さ約 3500 メートル、南北に幅約 1800 メートル、面積は 532 ヘクタールで、平均水深は 2 ~ 6 メートルとなっています。古くは「金茄港」と呼ばれていました。その昔、東港地区は大規模なカキの養殖地で、生産量も豊富でした。観光客は遊覧船に乗って、湾内にある殻島へ行き、賑やかな養殖風景を目にしていました。後に水質汚染が生産量に影響を及ぼし、さらに観光業への発展に伴い、これら養殖設備はすべて取り除かれてしまいました。現在は南台湾で最も優れた水上レジャースポットとして知られています。

大鵬湾での遊び方

陸上での遊び方

  • 湿地で遊ぶ:入り江一周道路沿いに沿って、自転車でサイクリング道路を走り抜けることができます。ここでは漁村風景やマングローブの生態を観賞できます。または、車で入り江一周道路を経由して、湿地専用の駐車場まで行くと、湿地巡りが楽しめます。6つの異なる役割をもつ異なる配列の湿地を見ることができ、さまざまな湿地生物の足跡を探すことができます。

水上での遊び方

  • ラグーンでの遊び方:代表的な遊び方で、入り江内を航行している遊覧船に乗り、船上ガイドから感動的な物語を聞きましょう。また、ラグーン風景も存分に楽しみましょう。さらにカヌーを漕いだり、小さな大会を催したり、唯一無二のマングローブ探索ツアーに参加したりもできます。ウィンドサーフィンやサーフィンでは風向きを把握する訓練ができるほか、ウィンドサーフィンでは開いた大橋を跨ぐこともでき、台湾で最もユニークな海上の旅を体験できます。
資料の合計件数 : 22
0 トップへ戻る