お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
言語選択 :
2022-06-20

小琉球の廃棄酒瓶を回収し、生態保護のウォーターグラスを製造

80
小琉球ではドリンクスタンドのカップやペットボトルの廃棄量を減らすため、「マグボトルのシェア活動」を推進しています。すでに四年の歳月を経て、この期間、合計44万個のペットボトルのプラスチック、および6・6万キロの二酸化炭素の排出量を減らすことに成功しました。現在運営されている「マグボトルのシェア活動」システムにおいて、自然人文生態観光協会では近日中に地元の特色ある文化の一つである「迎王平安祭典」をモチーフにした王船の図案をレーザー彫刻したグラスを製作します。廃棄物で作ったグラスをシェアすることで、島内において深刻な問題となっているガラスの廃棄瓶の課題を解決することができます。

近年、小琉球旅行がブームとなり、島外から大勢の行楽客の方が訪れるようになり、異国情緒溢れる海景色を眺めながらお酒を楽しむ方が増えてきています。酒瓶が増加し、島の廃棄物となり、瓶が砕けてケガをする人も出てきています。廃棄酒瓶の回収コストが高すぎることもあり、ここ数年、これが重大な問題となっています。

協会ではハンドグラインダーとレーザー彫刻機を取り入れ、酒瓶を磨き、ハンドグラインダーで切口を磨いて滑らかにした後、最後にレーザー技術で図案を彫刻しています。これは生態保護を守るためのものなので、「護生」と名付けられています。廃棄物だったグラスが美しい芸術作品へと変化し、環境教育のプロモーションに用いられるだけでなく、実用的でもあり、図案が美しく、生態保護にも役立つため、行楽客にも人気を博しています。将来的にはショップが図案をカスタマイズ化したウォーターグラスを販売することが推進されます。これは「マグボトルのシェア活動」が持続して行なわれるための資金源となり、互いに補完し合っています。

プラスチックの廃棄物を減少させるため、「マグボトルのシェア活動」を持続して行なっています。11月中旬までにマグボトルをレンタルし、これと一緒に記念撮影をし、「琉行杯(マグボトル)」のFacebookファンページサイトにいいねを押してメッセージを残した行楽客の方は、小琉球での消費券が当たる抽選資格を得られます。
 
サイト訪問者数:80 最終更新日時: 2022-06-20
:::
最近の閲覧
リストに戻る
0 トップへ戻る