お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
会員ログイン:
会員としてログインする場合は、 会員ログインページから行なってください。

言語選択 :
シェア:

中澳ビーチ

コレクション 3561

琉球嶼東北側に位置し、龍蝦洞と白沙新港の間にあるビーチです。白沙尾観光ハーバー左側に位置し、白沙小学校後方に連綿と続く白い砂浜です。夏場は地元の人たちが暑気払いに訪れるベストスポットとなっており、水上レジャーやビーチレジャーにも適しています。また、ここでは三年に一度、「迎王平安祭典」が催されており、「請水(千歳温王を迎える)儀式」や「焼王船(船を焼く儀式)」の場所でもあります。また、ここは高雄の林園工業区のきらめく夜景を眺めるのにベストなスポットでもあります。

中澳ビーチは台湾本島で唯一、アオウミガメがエサを食べ、産卵に訪れる岸辺です。アオウミガメは保護動物に属します。毎年五月から七月まではアオウミガメの繁殖が密集する時期で、稀少な彼らを保護するため、屏東県政府(県庁)ではビーチの一部を保護エリアに指定しています。規定により毎年5月1日から同年10月31日まで、一般の方々や行楽客の方は夜間8時から翌朝5時まで無断でビーチや潮間帯に立ち入ることを禁止されています。愛くるしいアオウミガメの生態を干渉しないように気をつけましょう。違反者は罰せられます。

幸運なことに小琉球は台湾本島から最も近い場所でアオウミガメが見られます。中澳ビーチはアオウミガメが成長した後に産卵に戻ってくるビーチの一つとなっています。アオウミガメは保護動物です。毎年夏は繁殖、産卵の時期となります。現在、アオウミガメの個体数が徐々に減少しているため、屏東県政府ではビーチに保護エリアを設けました。毎年5月1日から同年の10月31日まで、一般の方や行楽客の方は夜間8時から翌朝5時までビーチや潮間帯への立ち入りを禁止されています。違反者には罰金が科せられます。このため、夏に小琉球を訪れた際には夜間にビーチで活動しないようにしてください。もし難しい場合は活動時の音量や動作を小さくするようにしてください。また、強い光を使用するのを避け、この可愛いお客様の邪魔にならないようにしてください。

サービス施設

  • 駐車場

関連情報

開放時間: 全天開放

电话番号:+886-8-8614615

サイト訪問者数:3,561 最終更新日時: 2019-07-25
リストに戻る
トップへ戻る