お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
会員ログイン:
会員としてログインする場合は、 会員ログインページから行なってください。

言語選択 :
シェア:

絞り込み検索

開閉

条件で検索

全部クリア 検索

满洲

満州郷は台湾全島の東南方面に位置し、郷内には特殊な海岸景色と豊富で多様な海中資源があります。歴史と文化の物語が詰まった自然生態も豊かな土地です。
 
 

 

満州

佳楽水は満州郷に属し、恒春半島の東側沿岸部に位置します。元々の名前は「佳落水」で、「高いところから落ちる水」を意味する台湾語で、これは風景区内の歩道の最終点「山海の滝」を指しています。

1975年 蒋経国総統が視察に訪れた際、「平和で楽しい」という意味から「佳楽水」と改められました。並びに、それまでは無名であった滝にも「山海の滝」という名前が付けられ、これによって景勝地に仲間入りし、観光客が急増しました。風景区内には一本の歩道があり、途中は二つの涼み台なども整備されています。ここからは素晴らしい眺望を楽しめます。全行程約2.5時間です。

満州はこの墾丁国立公園内で一番長い渓流の河口になり、肥沃な渓谷間に良い田園が縦横に密集している。尚、風当たりの良くない丘陵地は人が少なく、樹木が密生し、毎年の秋頃に渡り鳥のグレー・イーグルが飛来して棲息する。この近くの里徳橋はこのイーグルの飛降りと去る様子等を観賞するのに絶好の場所である。


佳楽水

省道 26 号線の終点に位置する「佳楽水」は、元々の名前を「佳落水」と言いました。これは台湾語で「高い場所から落ちる水」を意味します。その後、 1975 年になって、「平和で楽しい」という意味を込め、「佳楽水」と改められました。

白波が打ち寄せる奇岩風景は独特なものなので、満州郷公所はここに「佳楽水風景区」を設けました。これにより、より多くの観光客が訪れるようになりました。ここの海岸はすべて深海に堆積していた岩層で、一層一層がはっきりと分かれ、平行に排列しています。まさに地質の世界の神秘です。佳楽水を三つの地質に分けると、「深海岩層」、「砂岩層」、「岩石海岸」となります。

これらは沈積、堆積、浸蝕の作用が絶えず繰り返され、「山海瀑(山海の滝)」をはじめ、「棋盤石(碁盤石)」、「蜂窩岩(蜂の巣岩)」、「海蛙石(海カエル石)」、「海馬石(タツノオトシゴ石)」など、特殊な景観となっています。これらはすべて大自然の造型です。

この地質の特質を知っていると、佳楽水への旅はより楽しいものとなるでしょう。

資料の合計件数 : 4
トップへ戻る