お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
会員ログイン:
会員としてログインする場合は、 会員ログインページから行なってください。

言語選択 :
シェア:
2020-11-27

台湾近海のサンゴ礁の島 小琉球の人気景観スポット

83

小琉球は台湾近海のサンゴ礁の島で、一年を通じて旅行に適しています。小琉球の美しさを体験したい方は、下記の絶景をお見逃しなく!

花瓶岩は小琉球の著名な景観スポットです。白沙港に船が出入りする航路のそばに位置します。このサンゴ岩は地殻作用と長期的な海水の浸食によって上が太く、下が細い形となっています。さらに岩のてっぺんには海浜植物が生えており、まるで草花を活けた花瓶のように見えます。

落日亭の目の前には見渡すかぎり台湾海峡が広がっています。夕暮れ時には太陽がゆっくりと海面に沈む光景が眺められます。附近の海岸には大量の隆起したサンゴ礁があり、台湾本島とは異なる海岸線を眺められます。

蛤板湾ビーチは小琉球の数少ないビーチの中でも最大の面積を誇り、100メートルあまり連綿と続いています。ここは白い貝殻でできたビーチで、優美な海岸線となっています。裸足で散歩したり、波の音を聴いたり、夕日を観賞したりするのに適しています。

山豬溝は断崖に形成された山谷で、岩石が起伏し、交差しています。通りの周辺には棘がいっぱいの苔藤、や草花があり、島内における原始の植物が完全に残ったエリアとなっています。桃源郷のような世界です。

烏鬼洞から道なりに環島公路を進んでいくと、先端に枝葉が密集した岩が目に入ります。ここは遠くから眺めるとインディアンの頭のように見える巨石です。ここで記念撮影する際には安全にご注意ください。

主に小琉球の東南沿海一帯に分布し、大福漁港と海子口の間に位置します。海水の浸食作用により海蝕台には凹凸が形成され、空から眺めるとまるでプリーツスカートのように見えます。

白い灯台は小琉球の東南方向、厚石裙礁の西側山頂に位置します。台湾海峡とバシー海峡を航行する船を導く役割をもっています。

サイト訪問者数:83 最終更新日時: 2020-11-27
:::
最近の閲覧
リストに戻る
0 トップへ戻る