お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
会員ログイン:
会員としてログインする場合は、 会員ログインページから行なってください。

言語選択 :
シェア:
メニューを開く メインコンテンツへ移動

トラベル情報

夏の墾丁、ビーチで遊ぶ

一日目
関山
白砂湾
猫鼻頭
後壁湖漁港
墾丁国家公園
夏都沙灘大酒店
 

夏の墾丁、ビーチで遊ぶ

輝く宝石のように整然と並ぶ民宿と、青春が溢れかえるビーチ。予約をしていない観光客が休日の墾丁を訪れたら、「今日は満室」といった看板にため息をつくかもしれません。墾丁のビーチ近くの道路ではのんびりと散策ができ、老若男女が笑いながら歩く姿が見られます。彼らは鮮やかな海水パンツとビーチサンダル、もしくはセクシーなビキニを身につけ、脇には黄色のフリスビーを抱え、頭には茶色の砂をつけています。ボディラインの美しさに関わらず、誰もが思い通りに道路を歩き、太陽の熱い口づけの跡を見せびらかします。溢れんばかりの陽光と笑い声、これこそが墾丁ビーチの最高の財産です。

  • 墾丁で最も人気がある水遊びのパラダイスー南湾ビーチ

    墾丁で最も人気がある水遊びのパラダイスー南湾ビーチ

ビーチ近くの道を歩いていると、細かい砂が褐色の長い絨毯のようになっているのが目に入ります。その視線の先にはやわらかな砂浜があり、そこには自由気ままに横たわる観光客がいます。砂の中に身体を隠し、紅くほてった顔だけを出す人もいれば、サングラス越しにコンビニで買ったばかりの小説を読む人もいます。より熱気を帯びているのは、ビーチーボールのコート両側で飛び交う大きな叫び声です。真っ白なバレーボールが青い海面の上を行ったり来たりし、水に飛び込んでボールを拾う姿はとてもアクティブです。

  • 墾丁のビーチをゆっくり散歩する行楽客( 観光局トラベルサービスセンター )

    墾丁のビーチをゆっくり散歩する行楽客( 観光局トラベルサービスセンター )

  • 墾丁のビーチをゆっくり散歩する行楽客( 観光局トラベルサービスセンター )

    墾丁のビーチをゆっくり散歩する行楽客( 観光局トラベルサービスセンター )

カメラを持ってビーチを一回りすれば、数々のベストショットを捉えることができるでしょう。波の向こう側で抱き合う人たち。砕けた波が永遠のスマイルを残しています。南台湾の陽光を身体に刻みつけるために腕をまくっている人。三歳の娘を肩車する二頭筋が盛り上がった人。悩み事があり、気持ちが落ち着かない時には、思うままを大声で叫んでみるのもよいでしょう。波間に立つと、白いレースのような波が打ち寄せるのを眺められます。海水が砂浜を濃い色に染め、二本の足が濡れた砂の中にはまっていきます。しばらくすると足跡ができ、次の波によってすぐに消し去られます。墾丁のビーチは喜びと静寂を内包しています。どんな気持ちで訪れても、自由な本来の自分自身を取り戻せるはずです。

ビーチに横たわりながら名残惜しく夕日を眺めた後は、墾丁の大通りで海鮮料理を味わうことができます。艶やかな赤色の夕霞が一日を締めくくってくれることでしょう。また、帆船石から歩いてビーチに行くこともできます。ビールと花火を買い込み、夜が更けるのを待ちます。昼の賑やかな光景は夜になっても続き、その熱気は変わりません。

  • 夕日に照らされる墾丁ビーチ

    夕日に照らされる墾丁ビーチ

南国風情を満喫するために、わざわざ遠い国まで出かける必要はありません。恒春半島に行けば、強い風が無料で海洋風情を届けてくれます。墾丁のヤシの木はバリ島に負けることなく、美しい見栄えをしています。また、墾丁の大海はタイのロングビーチと同じく広々としています。そして、墾丁の行楽客はどこの国の観光客よりもモラルがあります。靴を抱え、思い出を包んで帰る時には、ゴミも一緒に持ち帰ります。こうすることで墾丁のビーチは永遠に清らかな姿を保ち続けられているのです。

サイト訪問者数:7,728 最終更新日時: 2018-06-27
リストに戻る
トップへ戻る お気に入りへ 0 検索結果一覧の表示・非表示