お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
会員ログイン:
会員としてログインする場合は、 会員ログインページから行なってください。

言語選択 :
シェア:

ロハスな旅

資料の合計件数 : 7
  • サイクリングで入江を一周、ロハスの楽しみ
    サイクリングで入江を一周、ロハスの楽しみ
    熱門Top20

    大鵬湾を中心としたサイクリングロード。ここは一年中、南台湾の陽光が降り注ぎ、いつ訪れてもキラキラと輝いています。魅力溢れる陽光に誘われ、東港へ出かけてみませんか。自転車からは美しい景色が見え、ペダルを踏む音が響き渡ります。黒マグロの故郷では生き生きと沸き上がるパワーを感じるはずです。

  • 恒春半島生態ツアー
    恒春半島生態ツアー

    初秋の旅。南台湾へ向かうアスファルトの道路は熱く焼かれ、南に行けば行くほど火傷をするかのようです。恒春半島に到着すると、道は細長くなり、やがて静かな古城の前で止まります。この城の物語は荒れ地から始まり、17世紀初めにようやく歴史に登場するようになりました。

  • 東港グルメの楽しみ
    東港グルメの楽しみ
    大鵬湾小琉球

    東港に到着すると、珍しく曇り空です。雲の層が低く、そして厚くたれ込み、まるで風よけガラスが覆い被さっているようです。憂鬱な空気が草木や道路にまとわりつき、胃も粘土の塊に落ちたかのように、ずっしりと重い感じです。窓をゆっくりと下ろし、一年中海風に吹かれるという漁港を見て回りましょう。

  • 夏の墾丁、ビーチで遊ぶ
    夏の墾丁、ビーチで遊ぶ
    墾丁满洲

    輝く宝石のように整然と並ぶ民宿と、青春が溢れかえるビーチ。予約をしていない観光客が休日の墾丁を訪れたら、「今日は満室」といった看板にため息をつくかもしれません。墾丁のビーチ近くの道路ではのんびりと散策ができ、老若男女が笑いながら歩く姿が見られます。彼らは鮮やかな海水パンツとビーチサンダル、もしくはセクシーなビキニを身につけ、脇には黄色のフリスビーを抱え、頭には茶色の砂をつけています。ボディラインの

  • 恒春・ロマン溢れる古城めぐり
    恒春・ロマン溢れる古城めぐり
    四重溪恆春

    恒春の古城 初秋の旅。南台湾へ向かうアスファルトの道路は熱く焼かれ、南に行けば行くほど火傷をするかのようです。恒春半島に到着すると、道は細長くなり、やがて静かな古城の前で止まります。 この城の物語は荒れ地から始まり、17世紀初めにようやく歴史に登場するようになりました。 オランダ人が去り、漢人が海を渡ってやってくると、車城はその上陸地点にもなりました。彼らはここで荷物を解き、開墾を始めました

  • 国境の南、ロケ地めぐり
    国境の南、ロケ地めぐり
    大鵬湾四重溪恆春

    x光が満遍なく降り注ぐ、天地の果て。白い砂、元気に泳ぐ魚たち、ヤシの木、ラムネ、すべてが黄金色にきらめいています。人々は座ったり、横になったり、おしゃべりをしたり、笑いあったり。紫外線をたっぷり浴びた健康いっぱいの手足や顔は一日経つと、紅くほてり、真っ黒になり、皮が剥けてきます。シャワーを浴びて、冷蔵庫からビールを取り出し、高音の歌と焼いたスルメをおつまみにしましょう。ビーチのエネル

  • 墾丁で名湯に浸かるー四重渓
    墾丁で名湯に浸かるー四重渓
    四重溪恆春

    恒春半島の美しい地形に魅せられながら、台26号線をくねくねと進んでいきます。大鵬湾、枋寮、楓港を通り過ぎ、サーフィンのメッカであるリゾート地の墾丁に向かってアクセルを踏むと、「県道199号線」という道路標識が目に入ってきます。ここでハンドルを左に回しましょう。激しい海しぶきが押し寄せる道路から一転して、鬱蒼とした森林へと方向転換。緑の木々に隠された奥地にある渓流の傍らで、心身の疲れを洗い流してみま

トップへ戻る