お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
会員ログイン:
会員としてログインする場合は、 会員ログインページから行なってください。

言語選択 :
シェア:

東隆宮

コレクション 8043

東港鎮の中正路上に位置し、王爺を祀っています。三年に一回の王船祭は全台湾に広く知られています。また、東隆宮正門には純金で作られた巨大なゲートがあり壮観です。ここは東港の人々にとって信仰の中心となっています。

台湾の西南沿岸で行われる民間行事で、もともとは疫病の神を海へ送り出して、平安を祈ったものでした。3年に1回、東港と西港で行なわれます。東港迎王平安祭は旧暦9月に屏東県の東隆宮で、西港の焼王船は旧暦4月中旬に台南県の慶安宮で執り行なわれます。特に東港が有名で、王船を焼く最終日には祭りが最高潮に達します。

「東港迎王平安祭」は8日間にわたり行われ、「開光」、「請王」、「過火」、「巡幸」、「宴王」、「和瘟」、「送王」などの儀式が続きます。王船は紙や木材で数百万元をかけて建造されます。王船を焼く前に、東隆宮では、衣服、食物、神轎など王爺の旅路に必要な品々が準備されます。「送王」の儀式は早朝の吉時を選んで展開されます。爆竹が激しい音を立て、王船に火が投じられ、王爺が疫病神を引き連れて船とともに出航して行きます。

サービス施設

  • 駐車場

関連情報

电话番号:+886-8-8322374

開放時間: 5:00-22:00

サイト訪問者数:8,043 最終更新日時: 2019-10-25
リストに戻る
トップへ戻る